So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

敬礼してきた小学生殴打、37歳会社員逮捕 静岡・富士(産経新聞)

 小学生2人を殴りけがをさせたとして、静岡県警富士署は13日、傷害の疑いで、同県富士市今泉、会社員、岡田浩一容疑者(37)を逮捕した。同署によると、岡田容疑者は「からかわれてカッとなってやった」と容疑を認めている。

 同署の調べでは、岡田容疑者は13日午後6時20分ごろ、自宅近くの路上で遊んでいた近所の小学5年生の男児(11)と、小学4年生の男児(10)の顔を素手で殴り、軽傷を負わせた疑いが持たれている。

 同署によると、岡田容疑者は事件当時酒に酔っていたといい、男児らの側を通りかかった際、男児らにふざけて敬礼されたことに腹を立てたという。

【関連記事】
「痛がる顔に興奮する…」女児殴った男の身勝手な動機
空気銃で小2の目撃つ 小6を児相送致
ピッカピカの1年生を守れ みずほなど「黄色いワッペン」贈呈
「女の子が苦しむ顔見たかった」起訴の男、ほかに3件暴行か
小6長男の首絞める 「うそに腹が立った」母を傷害容疑で逮捕

口蹄疫 拡大続く宮崎も梅雨入り 防疫作業遅れ懸念(毎日新聞)
ベスト・ファーザー賞、新内閣から原口さん(読売新聞)
小沢氏喚問など平行線=与野党(時事通信)
参院選 守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
口蹄疫 宮崎、日向も感染疑い 都城の牛3頭は「陽性」(産経新聞)

鳩山首相辞任 最後まで“宇宙人” 目うるませ「不徳のいたすところ」(産経新聞)

 「私自身、この職を退かせていただく」。笑顔で親指を立て、続投をうかがわせた前夜から一転、鳩山由紀夫首相が2日、ついに退陣を表明した。米軍普天間飛行場問題、政治とカネの問題を理由に挙げ、小沢一郎・民主党幹事長にも辞任を要請。「とことんクリーンな民主党に戻そう」と訴えたが、参院選にも大きく影響しそうな“政権投げだし”に、党内にも困惑がみられた。

 2日午前10時過ぎ、国会内で開かれた民主党の両院議員総会。壇上の鳩山首相は、出席者から長い拍手を受け、少し目をうるませたような表情でスピーチを始めた。

 「日本の政治の歴史は大きく変わった。国民の皆さんの判断は間違っていなかったと確信している」「皆さん方と協力して国民が主役の政治を作ろうと今日まで頑張ってきたつもり」↓ 首相は、選挙演説のような口調で8カ月余りの政権の成果を強調した。

 一方で「残念なことに、政権与党としてのしっかりとした仕事が必ずしも国民の心に映っていない。国民が徐々に聞く耳を持たなくなってきたのは、私の不徳のいたすところ」と謝罪。

 その上で、普天間飛行場問題で社民党の政権離脱、自身や小沢幹事長の政治とカネの問題で大きな国民不信を招いたことを挙げ、自らの退陣を表明するとともに、「幹事長も、恐縮ですが職を退いていただきたい」。さらに、選挙違反事件で陣営元幹部が2審でも有罪判決を受けた小林千代美衆院議員(北海道5区)についても「責めを負ってほしい」と迫った。

 約20分にわたったスピーチ。首相は「ぜひ新しい民主党、新しい政権を皆さんの手で作り上げていただきたい」と訴えたが、自民党政権時代に続き、政権交代を経ながら、またしても短命内閣となることに。

 総会後、官邸に戻る際に記者団からコメントを求められた首相は「いいよ、もう十分です、ありがとう」。最後まで“宇宙人ぶり”を発揮した。

自民党 安倍元首相 保守勢力新党との連携に前向きな考え(毎日新聞)
<口蹄疫>特別措置法が成立 国の損失補償、より手厚く(毎日新聞)
いちよし証券元課長を追送検=2人から750万詐取容疑―警視庁(時事通信)
フラット35の金利低下=住宅機構(時事通信)
JR新快速の速度計が故障 兵庫・姫路、影響8700人(産経新聞)

福島氏、訪沖「社民党党首として」強調(産経新聞)

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は25日の記者会見で、同日午後に沖縄県を訪問し仲井真弘多知事らと会談することについて「社民党党首としてきっちり意見交換をしてくる。それは今、とても必要なことだ」と述べ、党首としての立場を強調した。また「現地の思いをどう私たちが真の意味で政治の場面で生かすことができるのか、むしろ意見や知恵も借りたいと思う。その貴重な機会になる」と述べ、今回の沖縄訪問で県内移設に対する反対意見の集約も視野に入れていることを明かした。

【関連記事】
直嶋経産相が普天間問題で社民党批判「火をつけて回るのはどうか」
福島氏の訪沖に首相が不快感 「いかがなものか」
鳩山首相、普天間合意「現行案に戻っていない」
福島氏への不信任案検討 自民・川崎氏
自民党立て直しへ政策集団 東北の落選議員4人が「志士の会」
虐待が子供に与える「傷」とは?

雑記帳 ナマコ増殖目指す水産高校生…宮城(毎日新聞)
「ほおは真っ赤」痛々しい顔に驚愕証言 SS元船長初公判ライブ(産経新聞)
<在日米軍再編>普天間移設 鳩山首相、あす2度目の訪沖 知事らに政府方針説明(毎日新聞)
携帯電話を人に例えると……10代・20代は「相棒」、30代以上は?(Business Media 誠)
<橋下知事>大阪府庁舎の禁煙エリア拡大へ(毎日新聞)

北陸新幹線の延伸 もんじゅと別問題 国交相、福井県要望に(産経新聞)

 前原誠司国土交通相は14日の記者会見で、高速増殖炉原型炉「もんじゅ」の運転再開に伴い、福井県が北陸新幹線の延伸を要望していることについて「首相からも聞いているが、採算性などをしっかり押さえて最終的に判断する」と述べ、別問題とする考えを改めて強調した。

 前原氏は、延伸には建設への地元負担や並行在来線の運営の問題などを整理する必要性があると指摘。「ノーと言っているのではないが、もんじゅをやってもらったので『はい分かりました』と軽々に言える話ではない」と慎重に検討する姿勢を示した。

 西川一誠福井県知事は13日、鳩山由紀夫首相に北陸新幹線の敦賀延伸を要望。首相は「地元の努力に報いなければならない」と答えたという。

糖尿病治療題材に寸劇 医師らの本音、黒子が代弁(産経新聞)
<風景画>ストラスブール美術館所蔵展内覧会 東京・渋谷で(毎日新聞)
多額保険、養子縁組の直後=袋詰め遺体、同居の夫妻と−大阪府警(時事通信)
初の金星探査機 きょう打ち上げ(産経新聞)
主力品の売り上げ縮小で微減収―小野薬品工業(医療介護CBニュース)

4人組の緊縛強盗、25万円奪う 大阪(産経新聞)

 25日午後8時10分ごろ、大阪市西成区花園北の無職男性(77)方に4人組の男が押し入り、男性の顔や手足を粘着テープで縛って「金のある所を言え」などと脅した。4人は現金25万円を奪って逃走。男性にけがはなかった。

 西成署が強盗事件として捜査。男はいずれも30〜40歳くらいで、1人は肌色の作業服を着用。呼び鈴を鳴らして男性が玄関を開けたすきに侵入したという。男性方を訪ねた親類の女性が、縛られていた男性を発見し、110番した。

【関連記事】
ラブホテルに強盗 従業員刺し6万奪う 東京・豊島区
「金がほしい」と漫画喫茶に押し入る 無職男ら3人逮捕
脅されてコンビニ強盗…恐喝ばれて少年逮捕 栃木
「金を出せ!アホんだら!」コンビニ強盗、10万円わしづかみ
彼女を救出!実は「やらせ強盗」 大学生2人を逮捕
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

橋下知事が合併推進を表明 大阪・高槻市と島本町(産経新聞)
鹿島槍、55歳女性が下山中に滑落死(読売新聞)
保険証詐取の元組員ら再逮捕 振り込め詐欺に悪用か (産経新聞)
<掘り出しニュース>東京・調布に「鬼太郎公園」誕生 看板は水木さん筆(毎日新聞)
<普天間移設問題>鳩山首相、「職を賭す」 沖縄訪問に意欲(毎日新聞)

<英語指導助手>千葉県柏市で「偽装請負」認定 授業できず(毎日新聞)

 千葉県柏市の市立小中学校全61校で3月末まで英語を教えていた外国人の指導助手(ALT)23人について、厚生労働省千葉労働局が、業務請負契約なのに請負会社ではなく学校の指揮下で働いていたとして13日付で違法な「偽装請負」と認定した。是正指導を受けた市教委が16日発表した。これにより、学校はALTの授業が新年度始められない事態に直面。同様の実態は全国的に多数あるとみられ、影響が広がる可能性がある。

 偽装請負は実態としては派遣労働とみなされ、使用者責任があいまいになるため労働者派遣法などで禁止されている。

 柏市教委によると、同市のALT民間委託は00年に始まり、07〜09年度の3年間は東京都内の業者に委託。同期間のALT23人が3月末に契約期限切れを迎えた。これに対し、ALTを支援する労働組合「千葉労連東葛ユニオン」が市教委に雇用継続を求める一方、千葉労働局に「偽装請負だ」と申し立て、労働局が調査していた。

 市教委は新年度から、業務請負を労働者派遣契約に切り替え、新たに別のALTを受け入れる予定だった。ところが、過去3年間のALTが実質は派遣労働の「偽装請負」と認定され、派遣の受け入れの期間を「最長3年」とする同法の規定により、新たな派遣契約を3カ月間は結べない事態となった。市教委は「労働局の指導を受け入れる」として、3カ月後の7月以降、ALTの授業を再開する方針だ。

 文部科学省国際教育課は昨年8月、ALTの業務委託契約について派遣や直接雇用に切り替えるよう全国の自治体教委に通知。その直後の調査で、全国670教委が業務委託契約を締結しており、うち439教委は「見直しの予定はない」と回答した。同課は「各教委は労働局に相談して適切な対応を取ってほしい」としている。

【早川健人】

元大和郡山市議、詐欺事件で無罪 奈良地裁「被害者証言に疑い」(産経新聞)
<貸倉庫殺人>容疑者の一部、殺害認める 3遺体の身元確認(毎日新聞)
鳩山首相の徳之島入りに反発も=普天間移設反対−地元町長(時事通信)
41年ぶり、都心で最も遅い降雪=低気圧と強い寒気が影響(時事通信)
コピー用紙単価、自治体で最大2・5倍の差(読売新聞)

生活センター理事長、結局政務三役が選ぶ(読売新聞)

 福島消費者相は19日、空席が続いていた消費者庁所管の独立行政法人「国民生活センター」の理事長について、政務三役で選んだ京都弁護士会所属の弁護士、野々山宏氏(54)をあてることを決めた。

 20日の閣議で承認後、正式に決定する。理事長人事を巡っては当初実施された公募で応募者全員が「不適格」とされたが、一連の選考過程は明らかにされておらず、識者から「不透明」との批判が上がっている。

 野々山氏は京都産業大教授で、京都消費者契約ネットワークの前理事長。

 同センターでは前理事長が今年2月、任期途中の3月末で退任する意向を明らかにしたため、消費者庁が公募の方針を発表。公務員OBや弁護士など計33人の応募があったが、外部の選考委員会が「適任者がいない」と判断し、4月1日から理事長不在となっていた。

 福島消費者相は、3月30日の記者会見で「選考委員全員が納得する人がいなかった」と説明したが、選考基準や選考委員の個人名、応募者の内訳などについて一切は明らかにしなかった。

 野々山氏については政務三役が選んだ後、改めて選考委にはかったといい、福島消費者相は「公募がベストだが、理事長不在の長期化を避けるため政治的に判断した。最終的に選考委を通しているので公平性は確保されている」としている。

 ◆あいまいな選考基準◆

 独立行政法人の役員人事を巡っては、鳩山内閣が昨秋、「透明性を確保する」との名目で公募制をスタートさせたが、政治家などの判断で決まるケースは他にもあり、選考基準のあいまいさがぬぐえない。

 農林水産省所管の「農業・食品産業技術総合研究機構」の理事公募では、応募者5人全員について選考委員会が「適任者なし」と判断。理事長が新たに2人を推薦し、赤松農相との協議で農水官僚を出向させることを決めた。経済産業省所管の「石油天然ガス・金属鉱物資源機構」理事の場合も4人が応募したが、「適任者なし」となり、今月17日付で財務官僚が出向した。

 ほかにも、厚生労働省所管の「福祉医療機構」理事について昨年と今年の2回公募され、選考委は2回とも元厚労官僚を「適任者」として選出したが、長妻厚労相が認めず、ポスト自体を廃止している。

<変死>事件性見逃し98年以降39件 警察庁が報告(毎日新聞)
<民主党>参院幹事長「暫定税率を維持」…環境と整合性なく(毎日新聞)
<訃報>吉川英司さん80歳=元フジテレビ専務(毎日新聞)
みかんの搾りかす有効活用、バイオ燃料に(読売新聞)
<阿部真理子さん>死去、51歳=イラストレーター(毎日新聞)

鳩山首相、内閣支持率低迷も「改革の方向、絶対間違っていない」(産経新聞)

【鳩山ぶら下がり】(12日午前)

 鳩山由紀夫首相は12日午前、内閣支持率が低迷していることについて「改革の方向は絶対間違っていない。これは自信がある。ただ、政治とカネの問題に隠れて、必ずしも改革が大変大胆に行われていることが見えきっていない」と述べた。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 ぶら下がり取材の詳細は以下の通り。

【訪米】

 −−核セキュリティーサミットに向けて出発だが、この意気込みと、オバマ米大統領に中間報告したいと言っている米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関して5月末決着は見通しが立つのか

 「世界から核のテロをね、なくすために国際的に協力をするということは非常に大事なこと。だから私ども、日本としても国内的にもがんばっていますが、国際的にしっかりと核のテロをなくすために協力をしたいと。そのための核セキュリティーサミット、大変私は重要な会議だと思いますんで、きょう出発いたします。しっかりと日本としての立場を述べてまいりたい。それから、オバマ大統領とは非公式の席でいろんなお話ができると思います。まあ、普天間の経緯も申し上げていきたいと思いますし、一番大事なことは日米同盟というものが極めて大切であるという認識を共有させて、それを深化をさせる年でありますから、その中での普天間問題に対する概要は述べますけれども、5月末までに結論を出すために協力をお互いにしてまいりましょうというようなことは申し上げていきたいと思います」

【支持率】

 −−週末に複数社の調査で内閣支持率が3割を切り、一部では参院選の投票先で自民党が民主党を上回る結果となった。受け止めと参院選を戦えないとか、総辞職を求める声が地方や党内で一部あるが、いかがか

 「まあ、ここはある意味で一番、国民のみなさんのために踏ん張り時だと思っています。一番大事なことは、国民のための政治、しっかりとやっている姿をまだ必ずしも見せ切れていないと思っていますので、ある意味で若干、予算が上がって、時間がたてば必ず感じていただけるとは思っていますけれども、その実感を伴うように精いっぱい政府として努力をする。それに尽きると思います。一番大事なことは国民のために一生懸命やっている姿というものをまだまだ必ずしも見せ切れていないというところだと思っていますから、それを見せきるために努力をするということだと理解しています」

【タイ邦人死亡】

 −−日本人のジャーナリストがタイの衝突に巻き込まれて死亡したが、受け止めは

 「あの、村本(博之)さんが亡くなられたこと、大変遺憾に思っております。お悔やみを申し上げたい。この件に関して、タイのアピシット首相から私に対して親書がありました。それに対して私の方からもきちんと原因の究明をしていただきたいということは申し入れたところであります。それだけではなくて、やはり邦人の安全というものをやはり、タイの政府として守っていただけるように努力をさらにお願いをしたい。さらにはこれは、やはり、このような騒ぎがですね、拡大しないように早くタイ事態が安定できるように政府として、タイの政府としてですが、最大の努力を願いたいということも申し上げたところです」

【支持率】

 −−支持率の低下だが、あくまで首相がやっている政権の内容が国民に伝わっていないという認識か。政権の政策、意思決定について問題があるという認識はないか

 「私は改革の方向は絶対間違っていない。これは自信があります。ただ、いわゆる政治とカネの問題もあります。そのことに隠れて必ずしも改革が大変大胆に行われていることが見えきっていないというところもございます。政治とおカネの問題に関して説明を尽くすという努力もね、一方では大事だとは思っておりますし、制度的なことも行いたいとは思ってはおりますが、それとあわせてやはり、ある意味で陰に隠れてみえていない改革、大変大きな改革が行われていると。その姿、国民、今までは官僚のみなさんが中心となった政治であった。それを国民のみなさんが主役になる政治に変えていくと。そのプロセスの中でいろいろと議論が起きている。その議論のあり方を、あるいは変化というものを見せきることが大変私は大事だと思っています」

 −−政権に問題があるということではないか

「政権は私は国民のみなさんのために一生懸命仕事している。そのように思っております」

【関連記事】
「私も毎日切られてます」 首相がぼやき
「自民党さん」に垣間見える鳩山首相の心理
鳩山首相、米国に出発へ 核サミット参加
鳩山首相、タイ首相に邦人死亡の真相究明などを要請
打倒民主で政界再編 新党「たちあがれ日本」旗揚げ
外国人地方参政権問題に一石

家具厚生年金基金の元理事ら700万円収賄で逮捕 (産経新聞)
国会公務員法改正案が実質審議入り(産経新聞)
<土門拳賞>鈴木龍一郎氏に表彰状など贈られる(毎日新聞)
車両基地から導線盗まれる=重さ2300キロ−神戸新交通(時事通信)
少女わいせつ容疑の2等陸曹、宿舎に銃剣(読売新聞)

<中国帰国者>支援者と「最後の花見会」 市民団体の解散で(毎日新聞)

 中国残留孤児らと交流する市民団体「中国帰国者定着促進友の会」が2日、帰国者約40人のために「最後の花見会」を、埼玉県所沢市の中国帰国者定着促進センターで開いた。友の会は、帰国者の減少とボランティアの高齢化で活動が難しくなり25周年の今年で解散する。清水滋雄会長(62)は「最後の一人が帰国するまで続けたかったので残念です」と話す。【内田達也】

 花見にはあいにくの雨模様の中、会員約100人が参加。大教室の窓越しに満開の桜を楽しんだ。大連市から2月に帰国した山口勝利さん(64)は「きれいだ」と一言日本語で言った後、中国語で「中国では花見の習慣がないので、とても楽しい。日本に帰ってきたことを実感します」と話した。

 所沢市には84年、国内で初めて国の外郭団体が運営する同センターができた。中国とロシア・サハリン(樺太)からの帰国者や家族が半年間、日本語や習慣を学んできた。友の会は翌85年に発足、日本語学習を手伝ったり、花見会や盆踊りなどで草の根交流を続け、6500人以上の帰国者と親しんだ。

 「残留孤児はとても人ごととは思えなかった」と話すのは、結成時から活動する事務局長の木村孝さん(83)。旧満州(現中国東北部)生まれでソ連軍侵攻の混乱や中国の国共内戦に巻き込まれるなど苦難の末、終戦翌年の46年11月に引き揚げた。

 会員はピークの80年代半ばで1000人以上いたが、現在は214人。旧満州体験者の多くは他界し、厚生省(当時)が81年に始めた肉親捜しも、今となっては若者らの関心は薄く新入会員も減った。今センターにいる帰国者43人が研修を終える7月に、会も解散する予定だ。

 清水会長は、「今後は各地の市民団体や地域社会が、帰国者と交流してほしい」と話した。

【関連ニュース】
文学・評論 『「孫玉福(スン・ユイフー)」39年目の真実…』=城戸幹・著
公開対談:伊勢崎賢治教授と城戸久枝氏が「戦争と子ども」テーマに
尼崎日本語教室:中国残留孤児、短歌も交え成果発表 /兵庫
吉川英治文化賞:鎌倉の元記者・菅原さん受賞 残留孤児尊厳に尽力 /神奈川
宇治市立南宇治中学日本語教室担当教員・藤田陽子さん /京都

母親を鑑定留置=2カ月娘揺さぶり殺害−大阪地検支部(時事通信)
大丸東京店12階から出火、客は避難(読売新聞)
<北海道駒ケ岳>一部入山許可 噴火以降11年8カ月ぶり(毎日新聞)
大江健三郎賞に中村文則さん(産経新聞)
AKB48 今度は偽造握手券 警視庁、詐欺容疑など視野に捜査(産経新聞)

首相動静(4月2日)(時事通信)

 午前7時42分、公邸発。「今後沖縄に腹案をどう説明すべきと考えるか」に「もう既に腹案にのっとって、みなさん動いていただいているから私からさらにそのことを申し上げる必要はない」。同44分、国会着。同45分、院内大臣室へ。同50分から同58分まで、安全保障会議。(了)

【視点】「赤旗」配布 政治活動規制のあり方問い直す(産経新聞)
「まだ温かかった」虐待2歳児、診察の医師(産経新聞)
<訃報>藤本幹男さん=藤本和久・矢作建設工業副社長の父(毎日新聞)
<詐欺容疑>警官装い免許証詐取 45歳男逮捕 警視庁(毎日新聞)
自民・谷垣総裁、舛添氏に選対本部長代理を打診(読売新聞)
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。