So-net無料ブログ作成

「検察官役」弁護士を指定=全国初の起訴議決で−明石歩道橋事故・神戸地裁(時事通信)

 2001年に11人が死亡した兵庫県明石市の歩道橋事故で、神戸地裁は4日、神戸第2検察審査会の起訴議決を受け、業務上過失致死傷罪で強制的に起訴される榊和晄元明石署副署長(63)の公判などで検察官役を担う弁護士3人を指定した。
 指定されたのは、元裁判官の安原浩弁護士(66)、兵庫県弁護士会犯罪被害者支援委員会副委員長中川勘太弁護士(37)、同審査会で審査補助員として法的な助言をした長谷部信一弁護士(31)。
 指定弁護士は昨年5月に施行された改正検察審査会法に基づき榊元副署長を起訴し、公判で起訴内容を立証する。 

【関連ニュース】
検察審査会、初の起訴議決=元副署長、刑事裁判に
審査会、検察官から意見聴取=起訴議決適否、近く判断
「同じ事の繰り返し」=検察は市民感覚反映を
元副署長不起訴、遺族へ説明=4回目「再捜査で新証拠なし」

滑走中に操縦系統に異常か=NZ航空機の離陸中止−成田(時事通信)
学力テスト抽出率にばらつき 対象外でも自主参加可能(産経新聞)
「楽観できない」 失業率改善について鳩山首相(産経新聞)
21日にシンポジウム「がん医療従事者へのメッセージ」(医療介護CBニュース)
<火災>住宅が全焼し1人死亡 兵庫県高砂市(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。